トータル・ワークアウトが考える
トレーニング水準の向上と新たな可能性、日本の未来


トータル・ワークアウト代表
ケビン山崎
トータル・ワークアウトは「毎日に活気をもたらすカラダへ」「最短で最大の結果を出す」という理念の基、パーソナル・トレーナーによるマンツーマンでのトレーニング・システムを導入し、結果を出すフィットネスを世の中に提唱し続けております。

フィットネス発祥地アメリカで培ってきた独自のトレーニング理論TOTAL Workout(トータル・ワークアウト)をベースに、私はパーソナル・トレーナーの育成に取り組んでまいりました。現在、トータル・ワークアウト直営店舗(渋谷店・六本木ヒルズ店・福岡店)のパーソナル・トレーナーは総勢140名を超えており、当ジムでパーソナル・トレーナーの研修を受講した人数は500名以上にのぼります。

私が来日した2001年当時、日本におけるパーソナル・トレーナーの地位は低く、それは職業として確立されておりませんでしたが、時代の流れによって日本の健康志向は急速に進み、現在では多くの若者が憧れとする職業の一つになるまで広く認知されるようになりました。この需要は今後も伸び続ける分野であることを私は確信しております。カラダづくりのニーズは多種多様ですが、それに応えるプロ、つまりここで言う「パーソナル・トレーナー」の存在は、より強く求められる時代に突入したのです。

このたび私たちトータル・ワークアウトは、体育教員養成機関として1893年に開設された長い歴史を持つ日本体育大学の協力を得て、新たな挑戦に乗り出しました。パーソナル・トレーナーに必要な技術だけでなく、人間性をも学ぶことができる「TOTAL Workout 日体大 パーソナル・トレーナー養成プログラム」は、日本におけるカラダづくりのエキスパートを数多く輩出することを目指した壮大な取り組みとなります。ぜひ、ご期待いただければ幸いです。

日本体育大学がサポートする
「パーソナル・トレーナー養成プログラム」について


日本体育大学
学長 具志堅 幸司
日本におけるパーソナル・トレーニングのパイオニアであるトータル・ワークアウトのトレーニング理論は、本学出身者をも含む数多くのアスリートから一般の方まで多様なニーズに対して最大の結果を提供できるものであり、それは今もなお進化を続けている素晴らしい理論です。

2020年東京で開催されるオリンピック・パラリンピックを控える我が日本は、様々な競技スポーツを観たり行ったりする機運が高まる傾向にあります。一方、本格的な高齢化社会を迎えていく側面もあり、今後あらゆるところで健康志向が高まることは必至です。このスピード化社会において、時代のニーズに応える環境整備とクオリティは必要不可欠なものとなります。

トータル・ワークアウトの実績に裏付けされる「正しい知識」「高い専門性」を実践形式で学び、そこで得た知識・経験を実際の社会で役立てること。それは、さらなる健康志向が高まる日本にとって大義なことであると考え、このたび日本体育大学は、未来におけるエキスパートの人材育成となる「TOTAL Workout 日体大 パーソナル・トレーナー養成プログラム」 をサポートさせていただくことになりました。

未来ある多くの学生が本プログラムを存分に活用されることを願っております。

トータル・ワークアウトが考える
トレーニング水準の向上と新たな可能性、日本の未来


トータル・ワークアウト代表
ケビン山崎
トータル・ワークアウトは「毎日に活気をもたらすカラダへ」「最短で最大の結果を出す」という理念の基、パーソナル・トレーナーによるマンツーマンでのトレーニング・システムを導入し、結果を出すフィットネスを世の中に提唱し続けております。

フィットネス発祥地アメリカで培ってきた独自のトレーニング理論TOTAL Workout(トータル・ワークアウト)をベースに、私はパーソナル・トレーナーの育成に取り組んでまいりました。現在、トータル・ワークアウト直営店舗(渋谷店・六本木ヒルズ店・福岡店)のパーソナル・トレーナーは総勢140名を超えており、当ジムでパーソナル・トレーナーの研修を受講した人数は500名以上にのぼります。

私が来日した2001年当時、日本におけるパーソナル・トレーナーの地位は低く、それは職業として確立されておりませんでしたが、時代の流れによって日本の健康志向は急速に進み、現在では多くの若者が憧れとする職業の一つになるまで広く認知されるようになりました。この需要は今後も伸び続ける分野であることを私は確信しております。カラダづくりのニーズは多種多様ですが、それに応えるプロ、つまりここで言う「パーソナル・トレーナー」の存在は、より強く求められる時代に突入したのです。

このたび私たちトータル・ワークアウトは、体育教員養成機関として1893年に開設された長い歴史を持つ日本体育大学の協力を得て、新たな挑戦に乗り出しました。パーソナル・トレーナーに必要な技術だけでなく、人間性をも学ぶことができる「TOTAL Workout 日体大 パーソナル・トレーナー養成プログラム」は、日本におけるカラダづくりのエキスパートを数多く輩出することを目指した壮大な取り組みとなります。ぜひ、ご期待いただければ幸いです。

日本体育大学がサポートする
「パーソナル・トレーナー養成プログラム」について


日本体育大学
学長 具志堅 幸司
日本におけるパーソナル・トレーニングのパイオニアであるトータル・ワークアウトのトレーニング理論は、本学出身者をも含む数多くのアスリートから一般の方まで多様なニーズに対して最大の結果を提供できるものであり、それは今もなお進化を続けている素晴らしい理論です。

2020年東京で開催されるオリンピック・パラリンピックを控える我が日本は、様々な競技スポーツを観たり行ったりする機運が高まる傾向にあります。一方、本格的な高齢化社会を迎えていく側面もあり、今後あらゆるところで健康志向が高まることは必至です。このスピード化社会において、時代のニーズに応える環境整備とクオリティは必要不可欠なものとなります。

トータル・ワークアウトの実績に裏付けされる「正しい知識」「高い専門性」を実践形式で学び、そこで得た知識・経験を実際の社会で役立てること。それは、さらなる健康志向が高まる日本にとって大義なことであると考え、このたび日本体育大学は、未来におけるエキスパートの人材育成となる「TOTAL Workout 日体大 パーソナル・トレーナー養成プログラム」 をサポートさせていただくことになりました。

未来ある多くの学生が本プログラムを存分に活用されることを願っております。
  • Facebook
  • トータルワークアウト
  • 日本体育大学