NEWS / TOPICS

2017年07月06日

トレーニングをより良くするためのコンディショニング

第7回目は、これまでの知識を習得する座学ではなく、すぐに実戦できる実技をトータル・ワークアウト ケビン山崎代表にご指導頂きました。

座学で得た知識は、パーソナルトレーナーにとって必要な内容です。しかし、知識をクライアントにただ伝えるのではなく、どのように話を構成し、また、トレーニングメニューをカスタマイズするのかが重要です。

つまり、動作に対する処方をするのではなく、身体の使い方や力の入れるタイミングを学ぶことが、より動作を良くする近道であることを学びました。

DSC01025

例えば、スクワット動作を処方するために、ただ単純に深く下がることや姿勢をお伝えする事は効果的ではありません。下腹部の力の入れるタイミングを理解して頂く事やどこを支点にするのかがポイントとなります

DSC01031

このように、パーソナルトレーナーとして動きをより良くする為の手段を知っていれば、それがクライアントの身体を変える技術となります。

NEWS / TOPICS

第7回目は、これまでの知識を習得する座学ではなく、すぐに実戦できる実技をトータル・ワークアウト ケビン山崎代表にご指導頂きました。

座学で得た知識は、パーソナルトレーナーにとって必要な内容です。しかし、知識をクライアントにただ伝えるのではなく、どのように話を構成し、また、トレーニングメニューをカスタマイズするのかが重要です。

つまり、動作に対する処方をするのではなく、身体の使い方や力の入れるタイミングを学ぶことが、より動作を良くする近道であることを学びました。

DSC01025

例えば、スクワット動作を処方するために、ただ単純に深く下がることや姿勢をお伝えする事は効果的ではありません。下腹部の力の入れるタイミングを理解して頂く事やどこを支点にするのかがポイントとなります

DSC01031

このように、パーソナルトレーナーとして動きをより良くする為の手段を知っていれば、それがクライアントの身体を変える技術となります。

  • Facebook
  • トータルワークアウト
  • 日本体育大学