NEWS / TOPICS

2017年06月02日

5月22日<第2回講義>が行われました

第4期Introductory(基礎講座)では日本体育大学の関口特任教授、トータル・ワークアウト ケビン山崎代表、池澤社長からパーソナル・トレーニングに必要不可欠な要素をご講義頂きました。

TOPICS(1)

また、同時開講しているIntermediate(中間講座)では、日本体育大学須永教授より、女性の形態的・生理的特性を考慮したトレーニングをご講義頂きました。

女性の身体を変える為には、女性特有の身体の特徴を考える必要があります。
特に月経周期においては、血中女性ホルモン濃度が大きく変動し、身体のコンディショニングに大きな影響をもたらします。このことを理解し、適切なトレーニングを提供することはクライアントからの大きな信頼をもたらすものとなります。

TOPICS(2)

更にケビン山崎会長からは、アスリートのトレーニングプログラム構成についてご講義頂き、普段聞くことのできない具体的な内容は、受講者が行うパーソナル・トレーニングのスキルを高めるものとなりました。

アスリートのトレーニングにおいては、「インナーマッスル」と「アウターマッスルの」関係性において、アウターマッスルを支点とし、インナーマッスルを最大限使用していくことが、パフォーマンスの向上繋がることを実践を交えながら講義して頂きました。

NEWS / TOPICS

第4期Introductory(基礎講座)では日本体育大学の関口特任教授、トータル・ワークアウト ケビン山崎代表、池澤社長からパーソナル・トレーニングに必要不可欠な要素をご講義頂きました。

TOPICS(1)

また、同時開講しているIntermediate(中間講座)では、日本体育大学須永教授より、女性の形態的・生理的特性を考慮したトレーニングをご講義頂きました。

女性の身体を変える為には、女性特有の身体の特徴を考える必要があります。
特に月経周期においては、血中女性ホルモン濃度が大きく変動し、身体のコンディショニングに大きな影響をもたらします。このことを理解し、適切なトレーニングを提供することはクライアントからの大きな信頼をもたらすものとなります。

TOPICS(2)

更にケビン山崎会長からは、アスリートのトレーニングプログラム構成についてご講義頂き、普段聞くことのできない具体的な内容は、受講者が行うパーソナル・トレーニングのスキルを高めるものとなりました。

アスリートのトレーニングにおいては、「インナーマッスル」と「アウターマッスルの」関係性において、アウターマッスルを支点とし、インナーマッスルを最大限使用していくことが、パフォーマンスの向上繋がることを実践を交えながら講義して頂きました。

  • Facebook
  • トータルワークアウト
  • 日本体育大学