NEWS / TOPICS

2017年1月10日(火)に開講する第3期Introductory(基礎講座)に先駆け、12月7日(水)に事前説明会を開催する運びとなりました。

日本国内で急速に認知を上げているパーソナル・トレーニング。フィットネスクラブをはじめとする多くの健康増進施設で質の高い指導者の存在=本物のパーソナル・トレーナーがクローズアップされており、それが求められる時代へ突入しています。

このプログラムに興味があるけど「いったい何が習得できるのか?」「今後どのように活せるのか?」「そもそも、パーソナル・トレーナーってなに?」など、素朴な疑問はたくさんあると思います。今年5月の開講以降、おかげさまで多くのご質問をいただいております。

この説明会は日本体育大学の関口特任教授、そしてトータル・ワークアウトの池澤社長が登壇される予定です。このプログラムを通じて習得できるもの、社会に出てからパーソナル・トレーナーの即戦力として活躍することができる理由など、過去の講義事例などを交えながら丁寧にご説明いただきます。

説明会画像1

本プログラムに少しでもご興味ある方はぜひ足をお運びください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時/2016年12月7日(水) 16:30~
場所/日本体育大学 東京・世田谷キャンパス 教育研究棟3204教室

【お問い合わせ】
トータル・ワークアウト事務局内『パーソナル・トレーナー養成プログラム』
TEL 03-5784-4497

news_1122_2

座学で学んだ知識を、実践に活かす為のトレーニング講義が実施されました。

トレーニングの知識や解剖学といった知識を覚える事は非常に重要ですが、いざトレーニングが始まると、クライアントのカラダは様々であり、十人十色です。背中が丸まっている方や、左右のバランスが悪い方、上半身が強い、下半身が弱い等々。従って、クライアントのカラダを正確に評価し、個別に合わせて、導いていく事が、カラダを変えていくには大切です。

クライアントの動きから得られる情報は数多くあり、勿論、改善するための種目数も然りです。例えば、スクワットの動き一つに於いても、フォームを崩してしまう原因は多様です。トレーナーは、これを改善するためによりベストな種目を選ばなければなりません。

クライアントにとって、最も必要であり、且つやる気を導き出せるようなトレーニングメニューの組み立てを、トータル・ワークアウト ケビン代表がどのように実施しているのかを講義しております。

20161102

NEWS / TOPICS

2017年1月10日(火)に開講する第3期Introductory(基礎講座)に先駆け、12月7日(水)に事前説明会を開催する運びとなりました。

日本国内で急速に認知を上げているパーソナル・トレーニング。フィットネスクラブをはじめとする多くの健康増進施設で質の高い指導者の存在=本物のパーソナル・トレーナーがクローズアップされており、それが求められる時代へ突入しています。

このプログラムに興味があるけど「いったい何が習得できるのか?」「今後どのように活せるのか?」「そもそも、パーソナル・トレーナーってなに?」など、素朴な疑問はたくさんあると思います。今年5月の開講以降、おかげさまで多くのご質問をいただいております。

この説明会は日本体育大学の関口特任教授、そしてトータル・ワークアウトの池澤社長が登壇される予定です。このプログラムを通じて習得できるもの、社会に出てからパーソナル・トレーナーの即戦力として活躍することができる理由など、過去の講義事例などを交えながら丁寧にご説明いただきます。

説明会画像1

本プログラムに少しでもご興味ある方はぜひ足をお運びください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時/2016年12月7日(水) 16:30~
場所/日本体育大学 東京・世田谷キャンパス 教育研究棟3204教室

【お問い合わせ】
トータル・ワークアウト事務局内『パーソナル・トレーナー養成プログラム』
TEL 03-5784-4497

news_1122_2

座学で学んだ知識を、実践に活かす為のトレーニング講義が実施されました。

トレーニングの知識や解剖学といった知識を覚える事は非常に重要ですが、いざトレーニングが始まると、クライアントのカラダは様々であり、十人十色です。背中が丸まっている方や、左右のバランスが悪い方、上半身が強い、下半身が弱い等々。従って、クライアントのカラダを正確に評価し、個別に合わせて、導いていく事が、カラダを変えていくには大切です。

クライアントの動きから得られる情報は数多くあり、勿論、改善するための種目数も然りです。例えば、スクワットの動き一つに於いても、フォームを崩してしまう原因は多様です。トレーナーは、これを改善するためによりベストな種目を選ばなければなりません。

クライアントにとって、最も必要であり、且つやる気を導き出せるようなトレーニングメニューの組み立てを、トータル・ワークアウト ケビン代表がどのように実施しているのかを講義しております。

20161102

  • Facebook
  • トータルワークアウト
  • 日本体育大学